読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろを向いて後退します

これって前に進んでいることになりませんか?

B3の振り返り

日記

もう3年過ぎたってマジ?

早すぎる。

まだ気持ちは1年生なんですが…。

アドベントカレンダーの記事も無事(?)全部投稿し終わったので、今年(今年度)の振り返りと残りの大学生活の抱負を少し綴りたいと思います。

今年(今年度)としたのは、3月までインターンのために横浜のほうにいるので今年度の残りは多分あまり趣味とか勉強でのアウトプットができないんじゃないかなと見込んでのことです。

振り返り

4月

無事学部3年生になれました。トラック毎に講義が割り振られるようになり、クラスの大半の人たちとは別の時間割になって話す機会もほとんどなくなりました。普段一緒にいるような友人達とは今でも一緒に行動しています。

この月から地方ベンチャー企業のエンジニアアルバイトとして働き始めました。

5月

普通に講義を受け、普通に単位を取ろうと奔走していました。3年生にもなれば少しくらい講義は減るだろうと思っていたらスーパーグローバル大学がどうのこうのとかいって今年度から4学期制に移行してしまい、割と満遍なくほぼ毎日講義が入って体感ではあまり減っているようには感じませんでした。ガッデム。

同時に研究室配属を1ヶ月先に控え、不安な気持ちでいっぱいでもありました。

6月

夏休みに向けてインターンシップのESを提出しまくっていました。現在の横浜でのインターンシップを含めて、今年度参加したインターンシップは合計2つです。

7月

研究室配属が正式に決定、無事第一志望の研究室に配属されました。

上旬頃に福島日産と会津大学が共催のアイディアソンが開催され、それに参加してチームで優勝しました。日産本社からいらっしゃった会津大学OBの方を含めた会津大学生のみで構成されるチームです。賞品のR35 GT-Rの模型は研究室の棚に鎮座しています。

アイディアソンは土日の2日に渡って開催されたのですが、初日のグループ結成のタイミングで中間テストが入ってしまい一時抜け出しというなんとも微妙な感じに。これも全部クォーター制ってやつの仕業なのさ。

同セメスタで履修していた講義で、先生が「私もクォーター制は糞だと思っている。学生の皆さんがデモを起こすというのなら私は支持しよう。」と言っていたのが非常に印象的でした。

8月

夏休みになり、リクルートのエンジニアインターンシップに参加。ここで初めてErlangに出会いました。

micpsm.hatenablog.com

初めてのインターンで初受賞。嬉しかったです。

9月

約一ヶ月半のインターンを終え、下旬に会津に帰還。インターン期間中は東京のデリシャスなランチを食べまくっていたので体重が増えていたのですが会津に帰った途端プラマイゼロになりました。

10月

会津大学有志と外部講師主催のイベント「AizuCTF #2」に参加。遠方から界隈で有名な方々も来てくださって結構盛り上がりました。良い成績は残せませんでしたが、参加者中で数少ないフラグ奪取を達成できました(主催者陣曰く、もっと多くの人にフラグを取ってもらいたかったとか。)。AD形式のCTFは初めてのことだったのでいい経験になったと思います。堅牢なアプリケーションを作る上での基礎的な知識や技術も学ぶことができました。

connpass.com

shikachii.hatenablog.com

ywkw1717.hatenablog.com

夏休みも終わって3学期が始まり、1学期、2学期での反省を踏まえて研究室のメンバーで課外プロジェクトの資料作成などを行いました。

11月

12月からのインターンによって4学期は大学に行くことができなくなるので、後々苦しくならないように3学期に履修している単位をしっかり取るために講義と重めの課題に集中していました。同時にバイト先のタスクが炎上して板挟みに遭いながらなかなかスリリングな毎日を送っていました。

※単位は無事全て取得できました。

12月

横浜のほうに移動し、インターンシップとして受け入れられてそのまま今に至ります。

同時に就活も進めており、今年度中に内定をいくつかいただいて就職先を決めてしまいたいと思っています。さすがに来年度スーツを着て就活はしたくないので…。

リクルートインターンの同期や人事の方と集まっての忘年会や、現在のインターン先での歓迎会、高校時代の友達宅での飲み会など、いい感じに満喫しながら業務にコミット出来ているので割と充実した毎日を送れています。

何より雪に見舞われないまま冬を越すことができるのが非常に大きい。

~3月

履修登録や新年度への準備なども踏まえて、3月の中旬ごろには会津に戻る予定です。

B4

卒論の履修に必要な単位数は残り少ないので、今年度と比べるとかなり自由に使える時間が増えると思います。卒業研究という在学中で最も大きいタスクが降ってくることになりますが、研究の片手間に技術力と知識の向上により一層努めていきたいですね。

読む本

プログラミングErlang

プログラミングErlang

研究室にあったので借りていますがまだ読み終わっていないので早めに読み終わらせたいですね。内容でいうと「すごいE本」と重複する部分は多いのですが、知識の補強も含めて一応読んでいます。

Designing for Scalability With Erlang/OTP: Implementing Robust, Fault-Tolerant Systems

Designing for Scalability With Erlang/OTP: Implementing Robust, Fault-Tolerant Systems

リクルートインターンでメンターの方に紹介された本です。割と新しめの本。

プログラミングElixir

プログラミングElixir

ErlangをやっているのでElixirもやります。まだErlangをやる前、英語版を読んだ時に一度挫折したのですがそれのリベンジです。

Programming Phoenix: Productive |> Reliable |> Fast

Programming Phoenix: Productive |> Reliable |> Fast

いつの間にか出ていた。

7つのデータベース 7つの世界

7つのデータベース 7つの世界

まだそれほど弄ったことのあるデータベースの種類が多くないので、知識を広める意味でも一応読んでおきたい本です。

友人にオススメされた本。別にC言語だけというわけではなくて、ソフトウェア設計や開発に関するノウハウが書かれているらしいです。

やりたいこと

isucon.net

ISUCON参加

github.com

GitHub緑地化 まだ全然白い

あとは追々追加しておきます。

最後に

多分これが2016年最後の記事になります。今年関わってくれた皆様に心から感謝。来年もよろしくお願いいたします。

それでは、良いお年を。